2005年10月25日

The Libertines/リバティーンズ革命

無期限の活動休止。21世紀のロックンロールを引っ張っていくであろうと誰もが信じて疑わなかったバンドは、たった二枚のアルバムを残して私たちの前から姿を消しました。正式な解散ではないようなので、また戻ってくることを期待はしていますが…。

このアルバムを聴いていると、音楽をつくるのはやっぱり才能なのかな〜と感じずにはいれません。ピーターのつくる曲は、ギター片手に鼻歌だけでつくったようにしか聴こえないのですが、それがあまりにも美しく、完全な姿を形作っています。The Strokesにはいい意味でも悪い意味でも、計算された要素が見え隠れしているのですが、リバティーンズにはその気配が感じられないのです。そして、そのような頭にふと浮かんだメロディこそが、音楽の本質なのかもしれません。

彼らの曲からプンプンにおってくる退廃的なムードも、このように感じさせる曲作りのせいかもしれませんね。一枚目のアルバムもパンクを基調としているのに、どこか儚げなところがありましたが、この二枚目はそれが際立っています。メンバーを取り巻く様々な状況や、デモ音源にしか聴こえない裸に近いアレンジがそう聴こえさせているのかもしれませんが、特にピーターの曲には本質的にそのような特徴があるような気がします。

MWhat Became Of The Likely Ladsはピーターとカールの掛け合いが聴ける最後の曲になるのかもしれません。歌詞が差し替えられたりと様々な物議をかもしていますが、文句なしの名曲です。@Can't Stand Me Nowは聴くたびに目頭が熱くなる、ザ・スミスを彷彿させるサウンド。個人的にはALast Post On The Bugleがリバティーンズらしい、どこに向かっているかわからない感情が表現されていて、良い曲だと思います。

他の曲も上に書いたものに引けをとらない、圧倒的な完成度を保っています。それなのにもかかわらず、呆れる程のスカスカの演奏。全てが偶然にも、彼らをロックの歴史に刻み込む要因となってしまいました。

ロックを愛する我々は黙って、3枚目を待つべきなのでしょうか。


花が散る前の美しさそのもの。



B0001BUEYAザ・リバティーンズ

東芝EMI 2004-09-01
売り上げランキング : 37,659

おすすめ平均star
starするめ
star熱い!!
starボーナストラックに注目

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by mas at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | The Libertines | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。