2006年09月22日

Dragon Ash/Few Lights Till Night

今回、ご紹介するのはDragon AshのFew Lights Till Night。
個人的には、最近の彼らからは少し距離を置いていました。
それが、たまたまCATVで流れてきたこの曲に耳を奪われてしまい、
改めて彼らの才能に感服させられた訳です。

この曲をきっかけに聴いてみた最新アルバム「Rio de emocion」から、
ドラゴンアッシュは、リズムの構成を再構築しました。
具体的にはラテンのリズム。
従来の、彼らの音楽嗜好はミクスチャーと呼んでよいものでしたが、それでも彼ら自身が作り上げたHip Hopやラップを軸とした曲が中心をなしていました。
それが、ZEEBRAとの決別を経て、Kjが苦悩の先にたどり着いたのが、自らの音楽への情熱とビートへの飽くなき探究心の集大成であるこのリズムではないでしょうか。

とにもかくにも、従来のDragon Ashにはなかった雰囲気でしたから、
あのアルバムで新境地を切り開いたのは間違いないでしょう。

そして、その後のシングルでも確信をもってこの方向性を貫いていると思われます。Ivory、そして今回のFew Lights Till Night。

以前のDAを聴き慣れていた私にとっては、この変化には驚かされましたが、Kjのもつメロディセンスと天性のポップセンスによって、ラテンのリズムが見事に
ポップソングに昇華され、なおかつ、大人も聴けるサウンドに仕上がっています。
大変に素晴らしい変化であると思います。
否定したくとも、五月蝿さが消しえなかったごちゃごちゃした従来のサウンドを(それはそれでアガル曲としてよかったのですが)、ビートを軸に丁寧に紡ぎあげることで、深みの増した音の集合体へと作り上げています。

何よりも、この曲は哀愁の漂うアコースティックギターがいい味を出しています。
インストでも充分に聴けるような、完成度の高い、それでいてシンプルなコード進行。Dragon Ashという共同体が、音楽の原点に立ち返ったような印象を抱かざるをえません。

DAの特徴である、合唱できる盛り上がるサビも用意してあり、これまでのファンの期待も裏切らない。
ただし、あくまでこの音楽は自己中心的です。
そして、それがまた彼らへの信頼と期待を深めてしまうのです。

是非、試聴してみてください。





The Best of Dragon Ash with Changes Vol.2The Best of Dragon Ash with Changes Vol.2
Dragon Ash

ビクターエンタテインメント 2007-09-05
売り上げランキング : 4249

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by mas at 16:59| Comment(3) | TrackBack(2) | Dragon Ash | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。