2005年08月24日

Elvis Costello/My Aim Is True

前回紹介したThe Ordinary Boysがフェイバリット・アーティストに挙げる人物の中に、エルビス・コステロという人がいます。みなさんも名前くらいは聞いたことはあるのではないでしょうか。最近では映画「ノッティングヒルの恋人」の主題歌である「She」とか、ドラマ「空から降る一億の星」の主題歌である「Smile」等のバラードが有名ですね。そのような名バラードのおかげで、コステロはバラード・シンガーという印象を持たれているかと思います。そのような見方も間違いではないのですが、そもそものコステロはパンクの申し子として登場してきたのです。

そんな登場直後のコステロの初期衝動が、怒りをもった歌詞と共に世間をアッと言わせたのがデビューアルバムの、この「My Aim Is True」です。怒りが歌詞に表れていると言っても、メロディや歌声はどこまでもスウィートなポップ。演奏が、アトラクションズというその後のコステロのアルバムに欠かせないバックバンドの結成前であるため、少し拙いところもある気がしますが、その粗っぽいアレンジが逆に曲の良さを引き立てます。

そんなアルバムの中にDAlisonという曲があるのですが、私の生涯ベスト5に間違いなく入ってくるくらいの名曲です。一発で覚えられるようなキャッチーなメロディラインが、なぜか癖になり頭から離れないのは彼の作曲の才能に他なりません。しかし、圧巻なのはその歌詞。愛する者への復讐心を痛切に描きながらも、それがその女性への変わらぬ愛を浮き立たせます。そんな捻くれた彼のスタイルが私は大好きなのですが、それを少しでも知っていただくためにはやはりこのデビューアルバムをおすすめしたいです。コステロは反骨心の固まりなんですよ。

コステロはMr.Childrenや布袋寅泰など、日本のポップミュージックシーンにも多大な影響を与えました。そんなオジサンは今も元気に曲を作っています。





B00005MLU0Elvis Costello

Rhino 2001-08-21
売り上げランキング : 32,974

おすすめ平均 star
star不朽の名曲Alison
star青春だな〜
starいいよなぁやはり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by mas at 23:56| Comment(0) | TrackBack(1) | Elvis Costello | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。