2006年05月14日

Phoenix/It's Never Been Like That

2006年、最重要アルバム(少なくとも個人的には間違いなく)の一つである、Phoenix(フェニックス)の3rdアルバムが発売されました。以前の記事でも簡単に書きましたが、彼らはフランス発のバンド。フランスの方は、母国語に誇りを持っているため、音楽でもフランス語の曲が多いのですが、彼らはポップミュージックという広大な土壌をそのベースとしているため、英語で歌われています。

このアルバム早速購入したのですが、「イイ!!」。ほんとうに非常に素晴らしいアルバムになっています。様々な音楽をミックスしたミクスチャーともとも言いたくなる1st、内省的な2ndと、彼らのセンスにすでに虜になっていたのですが、本作ではそのポップセンスが過去最高に爆発しており、最高傑作になっていると言ってよいと思います。

今までの作品と明らかに異なるところは、LIVE感です。明らかにライブで盛り上がることを意識したナンバーが続き、いやでも胸が湧き躍ります。そして、それだけで終わらないのが彼らの不思議な魅力です。透き通ったボーカルに起因するかもしれないのですが、一曲一曲が季節感を感じさせるのです。そして本アルバムで貫かれているのは「初夏」の空気感。1stもそうした流れで作られた作品でしたが、そのいいところを凝縮したのがこのアルバムといえます。

典型的なのはDONE TIME TOO MANY。初夏の夕暮れを感じさせる、哀愁漂うポップソングです。このアルバムで私が最も好きな曲ですね。胸が熱くなるメロディを軽やかにうたいます。このアルバム自体の特徴でもあるのですが、今までにないようなシンプルなアレンジで、それが曲のよさを引き立てています。リードトラックであるCLONG DISTANCE CALLも最高!Phoenixお得意のシンセサウンドが鳴らされる、もっとも彼ららしい曲です。「こんなの初めてだ」と連呼する、美しいサビが非常に印象的ですが、彼らの衝動が伝わってくる気がします。この2曲を含んだ@からDの流れはほんとうに素晴らしく、涙が出そうになります。

ラストのHIの流れも今作を象徴するようなダイナミックなロックサウンドで、個人的にはこの展開に拍手を送りたくなります。そうだ、ポップミュージックはこうでなくっちゃ。ボーカル、トマの感情的な歌唱法もアルバムを通して大変頭に残ります。

これまで、私にとってのPhoenixは、彼らの知名度がそれほどないことにも伴って、秘蔵っ子だったのですが、3rdを聴いて心からライブを見たくなりました。ほんとーうに残念なことにサマソニには行けなさそうなので、彼らの単独公演を喚起すべく、普及活動にいそしみます。彼らが素晴らしい作品を世に送り続けてくれますように。






It's Never Been Like ThatIt's Never Been Like That
Phoenix


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【関連する記事】
posted by mas at 00:56| Comment(0) | TrackBack(2) | Phoenix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

レミオロメン/HORIZON

多忙のため、随分、更新が空いてしまいました・・・。忙しくても音楽を聴くことはやめられないので、色々と書きたいことはたまっているのですが、少しずつでも書いていこうかと思っています。

さて、近日レミオロメンの新作が発売されます。このレミオロメンというバンドについては、以前から書いてみたかったので、この機会に私の抱いている印象について書いてみようかと思います。

このバンドの魅力を一言で言えば、「誠実」という一言につきます。歌詞もしかり、濁りのない歌声もしかり。そして、率直に胸に飛び込んでくるメロディもそんな言葉で表せるでしょう。ただ、このバンドが他の数ある良質のギターポップバンドと一線を画するのは、その誠実なメロディの中にある一瞬の陰りのようなものではないかと思います。もともとレミオロメンの「レ」をRadioheadのレから、とったというくらいですから、あーいった人間の闇や苦悩をテーマにした音楽にもシンパシーを感じる人たちなのでしょう。

それが、彼らの曲に一瞬だけ現れるんですね。予測ができないメロディ展開というか。私が彼らを初めて知った「電話」という曲のサビの後半もそういった予測不可能な美メロでしめられています。そんなレミオロメンの「陰」の部分が人にとりついてやまないのかもしれません。

それでも、彼らの本質はやはり誠実なところに他なりません。ボーカル藤巻の紡ぎだす言葉は、等身大であり、誰もが一度は意識したことのある感情であるため、楽曲と聴き手の距離を近づけるのに一役も二役も買っています。新作「HORIZON」でそれが、いい意味でどのくらい裏切られるかを個人的には楽しみにしています。売れたバンドが必ず背負うことになる大衆性との衝突を、どの程度彼ららなりに希釈して音に反映させるのかが今作の一番の見所だと思います。

それでも大ヒット曲「粉雪」や「太陽の下」のような思わず口ずさんでしまう名曲をたくさん聴きたいのも本望ですが。とにかく楽しみな一枚です。ジャパニーズ・ロックの今年の聴きの一枚になることは間違いないでしょう。

P.S.個人的には「ビールとプリン」が今のところの彼らのベストトラックです。





HORIZONHORIZON
レミオロメン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by mas at 22:22| Comment(2) | TrackBack(1) | レミオロメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

Hot Hot Heat/Elevator

「ご機嫌ポストパンク」とでも名付けたくなるような、胸が沸き躍り、思わず跳ねたくなるような作品。その中に知性をも感じさせる見事な作品です。

ポストパンクとは、パンクの精神を持ちつつももっとシニカルで、そしてアーティスティックなスタイルをもったものを一般にはさしますが、このHot Hot Heatの2作目にもそれはピッタリ当てはまると思います。弾けるようなバンドサウンドを基調としつつ、甘めのメロディに踊れるグルーブを聴かせます。新しい「何か」を感じ取ることはできないとしても、そこには誠実に、そして楽しく音楽に接近しようというスタイルが見て取れます。その代表的なものがAGood night,Good night。グッナーイ、グッナーイ♪という気が抜けるようなサビをコミカルに踏み込まないギリギリの線で響かせます。これは、サビまでのシンプルな展開がなしえる技でしょうか。サビも含めて素晴らしいソングライティングです。

どこか哀愁漂うIMiddle Of Nowhereも素晴らしいですね。歌謡曲が好きな方にも、こういうサウンドの入り口としてもってこいの曲だと思います。名曲堂殿堂入りはGPickin It Up。エルビス・コステロを彷彿させるような癖になる曲です。中盤の外しのパートが大変いいんですよね。こういった外しの部分のメロディの秀逸さがこのアルバムの特色かもしれません。






ElevatorElevator
Hot Hot Heat


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by mas at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Hot Hot Heat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

The Strokes/First Impressions Of Earth

ストロークスの記事だけで3つ目になってしまい、何だかファンサイトみたいになってきましたが、このアルバムを紹介しない訳にはいかないです。3作目「First Impression Of Earth」と名付けられたこの作品は、その名に恥じないスケールの大きさ、そして、ポップミュージックの将来の明るい眺望を見事に表現しています。

何から書き始めようか迷うところなのですが、とりあえずピコピコギターは健在です(笑)。前作において、そのリードトラックでもあった「12:51」のボーカルをなぞるギターがギターに聴こえずに印象的だったのですが、同様の音色が数曲で相変わらず見事にうたっています。以前の記事でも書いた(コチラ)のですが、先行シングルがハードなリフ満載だったので、もしかしたら筋肉ゴリゴリのアルバムになるのでは?という危惧があったのですが、いい意味でそれを裏切ってくれました。Juiceboxを聴いて初めてストロークスを知ったファンも楽しめるし、Room On Fireが好きだった方にとってはその発展形を楽しめるアルバムになっていると思います。

ただし、やはりIs This Itの頃とは趣を異にした作品となっているように思います。あの頃は、楽器を確信犯的に軽く聴かせ、ボーカルを含め各パートが曲の「雰囲気」を引き立たせることに重きを置いているような感じがしていたのですが、本作品においてはそれぞれのパートが弾けんばかりの自己主張をしています。そして、それが曲として崩壊するギリギリのところで保たれているのです。結果として、メロディもリズムも複雑かつ怪奇ともとれるような、こんな展開あり得ないだろ?な感じになっている箇所が見受けられます。と否定的にもとれるように書きましたが、この作品の最も素晴らしいところは、そんなギリギリの曲たちを、見事なまでにまとめ上げ、美しく儚く、時には暴力的に、そして何よりポップミュージックとして響かせているところです。ジュリアンの描く音世界を一枚目、二枚目を経てほぼ完全に近い形で表現し切ったのではないかと思わせます。

しかし、あくまで「完全に近い」のであって「完全」ではなく、その懐の深さを、というか底の見えなさを聴き手に感じさせます。どこに行っちゃうかわからない不安感と、それ故に愛させて止まない思春期の恋愛感情に似た衝動を与えるのです。特にI〜Lの流れがそのような感情をフラッシュバックさせる展開で、あまりに素晴らしいです。また、@〜Cの流れも素晴らしくポップです。アルバムの流れ、構成もこれしかないですかね。

では、名曲堂殿堂入りの数曲を曲ごとに紹介して終わろうと思います。

@You Only Live Once…アルバム一ポップな眩い名曲。ポジティブな歌詞に、思わず踊りたくなるようなダンサブルなビートが印象的。音の分離が非常に良く、軽快な音の展開を楽しめる。

AJuicebox…@から一転、メタリックなリフが鳴り響くアルバム一、二を争う剛の佳曲。それでも、独特の節を失わずストロークスたりえているところが圧巻。

BHeart In A Cage…本作では、ギターによるアルペジオが一つのキーワードとなっているようで、普通だったらコードを「ジャン」と鳴らすところを敢えて単音に分離させて流しているらしい。この曲のイントロ等様々な所でそれを聴くことができ非常に印象に残る。ジュリアンの悲しげな「Left」の連呼が涙を誘う。

CRazorblade…前述のピコピコギターを効果的に散りばめた、メロディアスな一曲。悲しげなボーカルと思わず笑みがこぼれるギターリフとのギャップに胸が熱くなる。

EVision Of Divison…疾走感ではアルバム一か。ストロークスのツインギターの魅力が楽しめる。途中はリフの嵐。何だコレ。

J15 Minutes…ワルツを彷彿させる前半の三拍子は明らかに後半の布石。予測していても転調後のグルーヴィな展開には心躍る。ライブで縦ノリで歌いたい。

KIze Of The World…アルバムのハイライトか。混沌と純粋と獰猛と繊細と美麗と…数え上げられないくらい複雑な感情を抱かせる問題作。個人的にこの曲のギターソロが失禁物だ。誰にでも弾けそうなのに。反則的な音色。今聴きなおしたらビートまで反則。

LEvening Sun…普通だったら、この曲をラストに持ってきそうだがそうしないところがらしいと言えばらしいか。静かな中に、溢れんばかりの熱情が封じ込められた名曲。どこにでも行けそうで、どこにも行けないストロークスのもがきまでも感じられる苦しい一曲。メロディは一年に一曲レベルの美しさか。






B000BV7TH0ザ・ストロークス

送料無料

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by mas at 17:01| Comment(4) | TrackBack(14) | The Strokes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

Paul McCartney/A Wonderful Christmas Time

最近ラジオでよくかかってます。ポール・マッカートニーによるクリスマスソングです。ポールらしい心の暖まるホノボノとした曲ですね。この曲がよくかかるようになると、個人的にクリスマス気分が昂揚します。クリスマスの定番曲は、数多くありますが、その中でも最もシンプルで心に残る曲ではないでしょうか。メロディも覚えやすいフレーズが繰り返されており、それでも所々にひねりがきかせてあるところが心憎いばかりです。

ビヨンビヨン




B00000721D
Wings


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by mas at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Paul McCartney | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

くるり/さよならストレンジャー

くるりのデビューアルバムが特価で出されていたので、感想を書いてみたいと思います。

私はくるりのアルバムは全て持っていますが、一番思い入れのつよいアルバムはこの作品だと思います。デビューアルバムにして、円熟味のある演奏と古き良き日本の心を大切にした歌詞が印象的でした。たしか、高校に入ってすぐくらいだと思うのですが、寝る時はこのアルバムを流しっぱなしにしていた思い出があります。「和」を感じさせる素朴なサウンドが当時の私には心地よかったのでしょうね。

このアルバム以後、音楽マニアである彼らは様々な音楽のジャンルに手を出し(テクノとかも含めて色々ですね)それを見事に吸収しています。しかし、それでも中心にあるのは岸田繁の声にマッチする朴訥としたメロディと歌詞だと言えると思います。彼らの原点を探る上では、このアルバムは避けて通れません。泣きの名曲「東京」を含む、全12曲。すべてが色あせない地味な輝きを放っています。

デビュー作にして、歴史的名盤。個人的にはタイトルトラックCさよならストレンジャーが大好きです。


音源がないため、7月の夜を紹介。よくできた曲だね。




B000AMZ1OIさよならストレンジャー
くるり

送料無料

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by mas at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | くるり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

The Strokes/Juicebox

アルバムの先行シングルをオフィシャルサイトで見ることができました。「Juicebox」と名付けられたこの曲はストロークスの新たな可能性を感じさせます。

これまで聴いた、どの曲よりも初期衝動に忠実な、これが彼らの原点ではないかと感じさせるサウンドです。この人たちは元々、それぞれのパートの自己主張が強いのですが、この曲では今まで以上に獰猛に鳴らされています。ベースから始まるイントロが印象的ですが、全体に統一されているソリッドなギターが非常に頭に残ります。メロディのセンスとしては、やはり他のバンドとは一線を画す出来栄え。「らしさ」を出しつつ、革新的であるというのは非常に困難なことなのですが、それをサラリとやってのけています。ファーストとは明らかに異なった出来の3作目になるでしょうが、相変わらずの期待大です。First Impression Of Earth。




B000BV7TH0ザ・ストロークス

送料無料

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by mas at 23:20| Comment(7) | TrackBack(3) | The Strokes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

Bank Band/糸

二曲目は中島みゆきさんのカバー、「糸」です。これは住友生命のCMソングにも使われていますので、耳にしたことがある方も多いかもしれません。CMを暖かい和やかな雰囲気にするのに一役も二役も買っています。

この曲の聴き所は何といってもその歌詞です。たての糸を「あなた」、よこの糸を「私」とたとえ、その紡ぎ合う様子を丁寧に丁寧に描きます。その二人の紡ぎ合うことによってできた布が「誰かを暖めるかもしれない」と歌われるところもすごく胸が温かくなりますが、最後に歌われる「逢うべき糸に出会えることを人は『仕合せ』と言うのだ」というところはあまりに感動的です。そして、この言葉が美しい旋律にのせられた時に、皆の涙を誘います。人の幸せと、人を思いやる気持ちが切っても切れない関係にあるという思えば当たり前のことを、この曲は伝えているのかもしれません。

こんな時代だからこそ、聴いておかなければならない曲でしょうか。





B0002ZMB0ABank Band

トイズファクトリー 2004-10-20
売り上げランキング : 36

おすすめ平均 star
star予想以上♪
star「心にしみる歌」
star選曲がいい、けど・・・。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by mas at 16:12| Comment(3) | TrackBack(2) | Bank Band | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

Bank Band/トーキョーシティーヒエラルキー

今回から、二回連続でBank Bandの曲をご紹介しようと思います。今回はヒートウェイブのカバー「トーキョーシティーヒエラルキー」です。このアルバムは以前から持っていたのですが、実は聴く暇がなく、最近ちゃんと聴いたのですが、こんな名曲が入っているとは思いませんでした。11月に出会ってから、今年一番聴いた曲かもしれません。映画のような美しく文学的な歌詞に、普遍的な囁くようなメロディ、そして、小林武史のささやかなピアノ。シンプルな中に、音楽のもつ全ての魅力が搭載されたあまりに素晴らしい曲です。

東京を舞台として、登場するそれぞれの主人公たち。それぞれのエピソードは、是非聴いてほしいのですが、そこにいる彼らはみんなクールで愛想のない奴等なのですが、実は心の優しい暖かい人物なのです。それを東京に重ね合わせ、「あまりに醜いけれど美しい」と言い切るラストパートは圧巻です。この世界を描いたヒートウェイブの山口洋という人物に、今非常に興味がわいています。まったく感情表現を使わず「好きなモノ」を並べることだけで、これを表現できるなんて。

原曲のほうは今のところわからないのですが、このBank Bandの曲は音的にも軽快なポップスに仕上がっていて、洗濯でもしながら聴いてみると非常に心地よいかもしれません。非常に深みのある曲ですが、そのように考えなしに聴けるところが素敵ですね。

個人的には「かけつづける不運な天使」のくだりが大好きです。

B0002ZMB0ABank Band

トイズファクトリー 2004-10-20
売り上げランキング : 36

おすすめ平均 star
star予想以上♪
star「心にしみる歌」
star選曲がいい、けど・・・。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by mas at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Bank Band | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

平井堅/歌バカ

平井堅さんの、『歌バカ』が大ヒットしている模様です。今年一番売れるアルバムになりそうだとか?

収録曲を見てみると、私が好きだった懐かしい曲が入っていたので紹介してみたいと思います。「Love Love Love」という曲です。まだ、平井堅さんがブレイクする前の曲だったかと思いますが、最近の彼の持ち味であるバラードやR&Bテイストの曲ではなく、もろにゴスペル風のナンバー。それが、彼の声質にピッタリなんですね。コーラスやアレンジもスケールが大きいものに仕上がっていて、聴いていて心地よいです。

しかし、歌詞はセンチメンタルな恋愛模様が歌われています。君の好きなものを順番に並べて僕は何番目なんだろうというくだりは、思春期の強引かつ繊細な恋愛模様をあらわしているような気がします。名曲です。

アルバムを通して聴くと、本当に安心して聴けるアーティストだな、という気がします。歌唱力が決めてだとは思えるのですが、その幅広い音楽ジャンルをポップスに昇華する歌法こそがその要因なのかもしれません。2005J-POPのマストでしょうか。


コチラの音楽サイトも好レビューが満載です。


http://www.dailymotion.com/video/x6f2ww_yyy-love-love-love_music


hirai-ken-tcg.gif
B000BBLYJY送料無料

おすすめ平均star
star初のベスト
starついに出ますね!待ってました!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by mas at 15:39| Comment(4) | TrackBack(5) | 平井堅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。